便利な給与計算システムを導入すれば業務が楽に|管理も簡単にできる
ウーマン

便利な給与計算システムを導入すれば業務が楽に|管理も簡単にできる

社内のストレスを減らそう

男女

社員にとって働きやすい職場を作るために、ストレスチェックを行い、社員がストレスを感じていないか把握することも大切です。実際にストレスチェックを行う場合には、プライバシーの問題や結果の告知の仕方を考慮しましょう。

詳細へ

中小企業の最近の傾向

電卓とノート

業務の外部委託

ここ最近、中小企業では手間のかかる業務をアウトソーシングし、業務負荷を減らす傾向にあります。手間のかかる業務の代表的なものとしては給与計算が挙げられます。給与計算は各従業員について勤怠集計をおこなったうえで、残業代の加算や欠勤控除を行うだけでなく、源泉所得税、住民税、そして社会保険料といった預り金の計算も行わなければならないため、大変手間のかかる作業です。従業員が数人程度であればまだしも、数十人レベルになってくると、自社で行おうとすれば複数名の事務員に担当させなければ支払日に間に合わない可能性もあります。給与計算をアウトソーシングしてしまえば、自社で必要な作業は勤怠データや給与情報を委託先に伝達するだけで済むため、会社の業務負荷はかなり軽減されます。

委託先選定の傾向

給与計算の委託先は専門のアウトソーシング業者が数多くある為、簡単に探すことができます。委託先を選定するにあたっては、価格面はさることながら、社会保険手続きと併せて受託してもらえる業者であることを重視する傾向にあります。社会保険手続きと給与計算は連動している面があります。例えば従業員を社会保険に加入させた場合には翌月給与から社会保険料の控除を行わなければなりませんし、月の途中で退職したような場合には、最後に支給する給与から社会保険料を控除しないようにしなければなりません。その上、毎年9月分の給与では社会保険の標準報酬月額の改訂も行わなければなりません。同じ業者に社会保険や雇用保険の手続きも併せてアウトソーシングすれば、連絡のミスが起こることもなく、正確に給与計算をしてもらうことができるのです。

有形無形問わず利用

オフィス

特許申請は企業においては財産を守るうえで非常に大事な行為です。製品を作成するメーカーが主に利用していますが、それ以外にもプログラミングなど無形財産にも特許申請を行う事ができます。信頼度や認知度を向上するメリットもあります。

詳細へ

信用取引のリスク管理

会社

企業間取引はほとんどが信用取引です。現金で取引を行う事はほとんどありません。そのため与信管理を徹底して行う事が大事なポイントです。債権管理は保証人を付けることや契約書に内容を盛り込むなどリスク管理を行う事が大事です。

詳細へ