信用取引のリスク管理|便利な給与計算システムを導入すれば業務が楽に|管理も簡単にできる
男女

便利な給与計算システムを導入すれば業務が楽に|管理も簡単にできる

信用取引のリスク管理

会社

与信管理の徹底

企業では取引に現金を使用することはほとんどありません。簿記で言えば、売掛金や買掛金などを利用することがほとんどなのです。そのため企業間の取引においては信用取引になるのです。そのため与信管理が非常に重要になります。与信管理とは、その会社が支払う事の出来る能力を持っているのかを業績や過去の取引状況から総合的に判断する方法です。債券管理に対する金額の上限を設けたり取引先に応じて与信管理を徹底することがリスク対策となります。最低資本金の枠が2006年に撤廃された新会社法で会社を設立するのに資本金は必要なくなっています。そのため与信管理は今まで以上に慎重に行う事が求められています。財政的基盤の薄い会社と取引する際には注意が必要なのです。

保証契約も一つの方法

債権管理でリスク対策を行うには与信管理で事前調査を徹底して行う事が大事なのですが、その後の取引においても最新の注意を払うことが必要になります。特に契約書には売掛金の支払いが遅れた際の事項を盛り込んでおくことが大事になります。債権管理は債券回収の場面を想定して作成する事が大事なポイントなのです。契約内容を明確にするとともに、万が一の訴訟などに発展した場合の証拠の為、債権回収をスムーズに行うための特約を結ぶなど顧問弁護士と内容を相談したうえで債権管理を行う事が大事になります。また与信管理でも不足する場合で資本金の額に不安が残る場合には、保証契約を結ぶことも一つの方法です。保証人を付けることで債権管理は手厚くなるのです。