社内のストレスを減らそう|便利な給与計算システムを導入すれば業務が楽に|管理も簡単にできる
男女

便利な給与計算システムを導入すれば業務が楽に|管理も簡単にできる

社内のストレスを減らそう

男女

より良い職場作りを目指す

職場でストレスを貯めてしまう人が増えてしまうと、ストレスが原因でうつ病になってしまい、会社を辞めてしまう方も増えてしまいます。そのような事態を防ぐために、普段からストレスを貯めこんでいる社員がいないかチェックすることも大切です。そこで社員のストレス度やストレスに対する体制を確認する方法が、ストレスチェックです。ドクター監修のチェックのため、社員1人1人がどのような状態なのか把握することにつながります。またストレスチェックの結果、ストレスを感じている社員が多い職場は、職場環境を見直すことで、より働きやすい職場とすることが可能です。残業の見直しや激務の部署はないかなど、ストレスチェックの結果も考慮して社内体制をよくしていきましょう。

本音を書きやすい環境

ストレスチェックで1つ注意しなければならないのが、上司に気を使って、ストレスを感じているのに本音で答えられない社員もいるという点です。もしそのような社員がいた場合、社員の本音がわからず、ストレスチェックの意味がなくなってしまう可能性もあります。また自分のストレス状況が把握されるのを嫌がる社員もいるので、プライバシーの問題は慎重に扱うようにしましょう。そのほかにも、ストレスを気にせず頑張ってきた方が、ストレスチェックの診断結果で自分がストレスを貯めこんでいたことに気づくケースもあります。今まで耐えてきたものが、結果を見て一気に表にあふれ出してしまう方もいるので、結果の告知などを慎重に行うことを忘れてはいけません。